リーダーに必須のスキル!質問の力がもたらす効果とは

マインド

こんにちは。

たーたんです。

私は現在、通所系の障害児事業所にて管理者として働いています。
前の会社でマネジメントに失敗し、スタッフを不幸にさせ、自分も追い込んでしまった
経験があります。
ここでは、新任マネージャーが陥りそうな落とし穴や私の失敗談、
学んだこと現在進行形で実践していることを書いています。

今回は、質問力についてお伝えしたいと思います。

良質な問いが成果を変える

今までの私は、スタッフに質問するときにその質問をする意図まで

しっかりと考えられていませんでした。

思い付きで質問することも多々、ありました。

ただ、障害福祉の分野の場合、お子さんの様子から仮説を立てて、支援を計画、実践、振り返り

を行いながら、一人のお子さんを理解していく場面と

全く様子がわからない場合には、一から原因を探していく場面があります。

ここにおいて様々なスタッフの視点を取り入れる際に、必要なのが質問力であると

強く感じています。

成果を上げるための質問の型

私自身、この型をしって意識するようになって、スタッフがスタッフ自身で

考えられているなと実感する場面も増えてきました。

また、自分自身への質問としても活用しています。

視野が狭まっている時に、視野を広げてあげたい場面

  • 時間軸に関する質問
    「過去はどうだった?」「今後どうなると思いますか?」
  • 関係軸に関する質問
    「自分の事業所ではなく、A事業所の課題は?」

物事の捉え方が固定化してしまっている場面

  • IF質問
    「もし~だったらどう思う?」

相手の思考をより深くさせたい/具体化を促したい場面

  • 垂直質問・・・さらにそのことを掘り下げたい時
    「具体的には?」「例えば?」
  • 平衡質問・・・選択肢を広げたい時
    「他には?」

最後に

今までの僕は、なんとなくスタッフの方々へ質問をしていました。

それでも何とかなると思っていましたが、質問の力を知ることで

自分の知りたい情報を相手から引き出しやすくなりましたし、

スタッフにとっても自分の気づきにつながっているのではないかなと感じています。
(スタッフに聞いてはいませんが…(-_-;))

質問の型・特性を知ることで確実に日頃のマネジメントにもつながってきていると実感している

今日この頃です!!

 

参考文献・資料

・ひきたよしあき,『「質問力」って、じつは仕事を有利に進める最強のスキルなんです。』,2019,大和出版

・k_bird,MissionDrivenBrand,2020,『質問力とは|質問力を磨く5つのメリットと75個の質問例』,2022/8/15,(2023/6/23,https://www.missiondrivenbrand.jp/entry/skills_Question)

・実現力アップコーチのあゆみ,『水平質問と垂直質問を使う時の注意点』,2019/5/13,(2023/6/23,https://ameblo.jp/hibi-no-ayumi/entry-12461000281.html)

アバター画像

1991年生まれ32歳
≪仕事≫
放課後等デイサービス勤務
現在管理者兼児童発達支援管理責任者として働く
中学生のころから保育士になることを夢見る
不安障害で前線離脱歴有
マネジメント失敗歴有
改めてマネジメント勉強中
«自分の特性»
気になることがあると試したい
一人で黙々とやるのが好き
≪プライベート≫
バツイチ
≪趣味≫
広く浅く(時々深く)いろいろチャレンジ
続いているのは、DIY(主に玩具つくり)刃物研ぎ・レザー関係・写真

ta-tanをフォローする
マインド
ta-tanをフォローする
たーたんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました