カラフルな色に魅了される!五感教育にも!フードカラーボックス

知育玩具

こんにちは。

たーたんです。

今や様々な知育玩具や、スポーツトイがあり何が良いのか迷ってしまいますよね…

ここでは、たーたんが実際に購入し遊んでみている玩具について紹介しています。

色遊びは感性も脳の発達にも良い影響がある遊び?!

私たちは五感(視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚)の感覚情報によって

外の世界を近くしています。

特に視覚は他の感覚よりも多くの情報を得ていると言われており、

その割合は80%以上とも言われています!

視覚から入った情報は脳に送られて脳への刺激になります。

特に0歳から10歳頃(幼児期から児童期)においては、すべての元となる脳の神経系が

急激に発達します。

食べ物にも使える着色剤:フードカラーボックス

今回、登場する玩具はユウキ食品さんのフードカラーボックスです。

原産国はアメリカになっています。

粉末タイプの食紅でもいいのですが、粉末だと子どもが小さいと一緒に遊ぶ時に

周りに飛び散ってしまったり、飛散してしまったりしてしまったことがあり。

液体の物なら使いやすいのではないか?と思い購入に至りました。

箱を開けると、しずくのような形の容器が入っています。

色は赤・黄色・青・緑の4色です。

容器の上についている蓋をひねって開け、容器を下に向けて軽く容器を押すと

色の液体が出てきます。

垂らす量によって色の濃さを調節できます!

僕の家では、500mlのペットボトルに対して1~2滴を使って遊んでいます。

水の色が変わるのももちろん楽しいのですが個人的には、

透明な水に色の液体を垂らすと、水の中に色がジワ~ッと広がっていく瞬間が大好きです( ´∀` )

 

娘のすーちゃんはというと、昨年遊んだときはとにかく色を混ぜて遊びたがり、

最終的にはどす黒い緑?茶色い色になるのを何度も何度も作って遊んでいました…(笑)

僕はまだ、水にしか使用したことはありませんが、

食用でもあるので、クッキーやパンケーキなどにも使用することもできますし、

紙粘土に垂らしてオリジナルカラー粘土を作って遊ぶこともできます^^

スライム作りの色付けにも使えますね!

遊ぶ際には汚れても良い服装で遊ぶこともオススメします。
服が汚れてしまうのは自己責任にてお子さんと思いっきり遊んでください!

最後に

フードカラーボックスを使って遊んでみましたが、

こちらも色々な遊び方ができるので購入してよかったと思います。

ただ、原液が肌に付いた際には水で流すだけでは落ちにくい一面もあります。

色遊びは子どもたちの創造性を育む要素にもなります。

これからの季節、屋外で水遊びをする機会も増えてくると思います。

その遊びの中に色遊びを取り入れてみてはいかがでしょうか??

 

 

参考文献

・『保育の造形表現領域における「色水遊び」とその広がり』,山中慶子,長崎女子短期大学紀要 第44号 令和元年度,2019.12

・杉本綾子,2019,『色水遊び【遊び方・保育のねらい解説】【イラストあり】』,ほいくis,2022/09/14,(2023年6月22日取得,色水遊び【遊び方・保育のねらい解説】【イラストあり】|保育士・幼稚園教諭のための情報メディア【ほいくis/ほいくいず】 (hoiku-is.jp)

・alpapa,2018, 『たかが色、されど色、色が幼児に与える影響と知育への取り入れ方』,2023/2/27,(2023年6月22日取得,たかが色、されど色。色が幼児に与える影響と知育への取り入れ方|アルパパの知育ブログ (alpapa.tokyo)

アバター画像

1991年生まれ32歳
≪仕事≫
放課後等デイサービス勤務
現在管理者兼児童発達支援管理責任者として働く
中学生のころから保育士になることを夢見る
不安障害で前線離脱歴有
マネジメント失敗歴有
改めてマネジメント勉強中
«自分の特性»
気になることがあると試したい
一人で黙々とやるのが好き
≪プライベート≫
バツイチ
≪趣味≫
広く浅く(時々深く)いろいろチャレンジ
続いているのは、DIY(主に玩具つくり)刃物研ぎ・レザー関係・写真

ta-tanをフォローする
知育玩具
ta-tanをフォローする
たーたんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました