歯磨きの重要性を無視した結果、私はどうなった?失敗談を語る

歯磨きの重要性,失敗談 生活

こんにちは。

たーたんです。

僕は、今でこそ人並みに歯磨きができるようになりましたが、

数年前までは歯磨きをサボることが多かったです。

そんな僕にまっていた末路についてお伝えします…

虫歯を放置した結果は??

僕は約7年間ほど、歯磨きをしたりしなかったりという生活を送ってきました。

当時の僕は「まぁ、痛くもないし大丈夫でしょ」

ぐらいの気持ちでしかなく、お風呂に入り、夕飯を食べ眠くなったから歯磨きをしないで

寝てしまう。

そんな時が多かったです。

ある時から、親知らずと奥歯の間から嫌な匂いがしてくるようになりました。

そこに食べ物も頻繁に詰まるようになり、近くの歯医者へ。

そこでレントゲンを撮ってもらうと大小さまざまな虫歯があることがわかりました。

担当医からはまず、

「虫歯がかなり進行している親知らずを抜く。でもこれからかなり長丁場になりますよ」

と言われたのをはっきりと覚えています・・・( ノД`)

歯磨き,失敗談,抜髄

結果、4本の神経を抜くこととなる…。

結果として2023年6月の現時点までに4本の歯の神経を抜くこととなってしまいました。

  • 1本目・・・一番初めに抜いた親知らずの隣の右下の歯
  • 2本目・・・銀歯の間から虫歯が進行していた右上の歯
  • 3本目・・・穴が開き虫歯が大きくなりすぎていた左下の歯
  • 4本目・・・小さな虫歯かと思ったら歯の中で虫歯がかなり進行していた右下の歯

一本目でもショックが受けましたが、まさか結果的に4本の神経を取ることになるとは

思ってもいませんでした。

「過去に戻って歯磨き習慣やり直せれば」と強く公開した瞬間でした。

歯磨きの重要性

この経験を通じて、(現在も治療中ですが…)の重要性を痛感しました。

歯磨きは口腔衛生を保つために不可欠な行為であり、

虫歯や歯周病などのリスクを軽減するために日常的に行うべき行為です。

僕にとっては食べることも生活の中での楽しみの一つでもあるので、

この先まだ数十年ある中で自分自身の歯で噛むことができるようにするためにも

歯の健康を保ち続けないといけないと思いました。

今やっている歯のこと

現在では、私は歯磨きを欠かさず行うためにいくつかのケア方法を取り入れています。

  • デンタルフロス
  • 歯科医推奨の歯磨きジェル

デンタルフロスを使って歯間を丁寧に掃除し、歯ブラシには歯磨き粉を適切な量使用しています。

また、定期的な歯科検診やクリーニングも欠かさず受けるようにしています。

意識を変え始めたころは、F型のデンタルフロスを使っていたのですが、担当医から

「たーたんさんの歯の形からするとF型だと銀歯や詰め物が取れてしまうかもしれません。」

と言われ、ロールタイプ(紐)のデンタルフロスを使用するようにしています。

また、歯磨きの際には、コンクールさんのジェルコートFを使用しています。

ジェルコートFは歯医者さんから勧められた歯磨きジェルで再石灰化(歯を健康な状態に戻す現象)

に繋がると教えてもらったからです。

値段は一般の歯磨き粉よりも高めではありますが、歯の健康への投資と考えれば

全く高いとは感じませんでした。

最後に

僕は今の歯医者さんに通い始めてもう3年が経ちましたが、今でも治療のため通っています。

歯磨きを怠ることが引き起こす悲惨な結果を体験した僕からのアドバイスは、

歯磨きを欠かさず行うことの重要性です。

“痛くないから大丈夫”ということは全くないです…

着実に虫歯は進行していきます。

虫歯や歯周病などの口腔トラブルを予防するために、日々の歯磨きをしっかりと行い、

定期的な歯科検診も忘れずに受けることをおすすめします!!

健康な歯は美しい笑顔と良好な全身の健康につながるので、歯磨きを怠らずにケアしましょう。

アバター画像

1991年生まれ32歳
≪仕事≫
放課後等デイサービス勤務
現在管理者兼児童発達支援管理責任者として働く
中学生のころから保育士になることを夢見る
不安障害で前線離脱歴有
マネジメント失敗歴有
改めてマネジメント勉強中
«自分の特性»
気になることがあると試したい
一人で黙々とやるのが好き
≪プライベート≫
バツイチ
≪趣味≫
広く浅く(時々深く)いろいろチャレンジ
続いているのは、DIY(主に玩具つくり)刃物研ぎ・レザー関係・写真

ta-tanをフォローする
生活
ta-tanをフォローする
たーたんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました