リアルな声から伝える不安障害:実際の体験談に迫る

不安障害,ストレス 生活

こんにちは。

たーたんです。

僕が過去に業務上+プライベートのストレスで不安障害になった過去があります。

人によっては、「気の持ちようだ!」「メンタルが弱いだけだ!」と思われると思いますが、

当事者としては、様々な体の不調が現れてきます。

僕が体験した不安障害について書きたいと思います。

今は、症状は治まっていますが、ストレスが強くかかると似た症状が出ることはあります。

不安障害とは?

まず、不安障害については、複数の精神疾患の総称であるとされています。

不安障害というおおきなくくりの中には、

・パニック障害
・恐怖症
・強迫性障害外傷後ストレス障害
・急性ストレス障害
・全般性不安障害などがあります。

いくつか種類はありますが、僕の場合は、【全般性不安障害】でした。

僕が体験した全般性不安障害

僕の場合は仕事上の上長・同僚の関り+妻の浮気が発覚

したことが重なり、かなり精神的に堪えていました。

最初は自分の気持ちの持ちようで何とか乗り切れるのかなとも思いましたが、身体の異変も

増えてきたため、メンタルクリニックを受診しました。

僕の場合は、

  • 睡眠不足(寝られない・寝ても途中で押してしまう。)
  • 当時のことを思い出すと手先から血の気が一気に引き、手が冷たくなってしまう
  • 今まで好きだった趣味に興味も示さなくなってしまった。
  • 疲れやすくなった。
  • 息切れ

特に、睡眠と手が冷たくなるのはつらかったです。

何が助けになったか?

僕の場合は、行きつけのお店のマスター、友だちの存在が大きかったです。

初めの頃は、精神的に崩れてしまったことを隠していました。

ただ、一人でいても良いことは考えないし、余計ネガティブな思考に

なっていってしまっていたので、最初に行きつけのお店のマスターに本当のことを打ち明けました。

日頃から仕事の話やプライベートな話までしていたので、一番はじめに相談しました。

次に、友だち、最後に相談したのは両親です。

最後に

僕自身は自分はストレスが掛かることに慣れているから、大丈夫だ!

と思っていました。

ただ、自分が不安障害になってみて思ったことは

誰にでもなる可能性があるのだということ。

そして、ストレスが掛かったときの心の回復法を知る必要があると思いました。

今では、マインドフルネスの実践や「反応しない練習」を読んで定期的に

心のケアを行うようにしました。

 

『反応しない練習』についてはこちらにも書いています。

 

アバター画像

1991年生まれ32歳
≪仕事≫
放課後等デイサービス勤務
現在管理者兼児童発達支援管理責任者として働く
中学生のころから保育士になることを夢見る
不安障害で前線離脱歴有
マネジメント失敗歴有
改めてマネジメント勉強中
«自分の特性»
気になることがあると試したい
一人で黙々とやるのが好き
≪プライベート≫
バツイチ
≪趣味≫
広く浅く(時々深く)いろいろチャレンジ
続いているのは、DIY(主に玩具つくり)刃物研ぎ・レザー関係・写真

ta-tanをフォローする
生活
ta-tanをフォローする
たーたんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました