リーダーシップの試練:新任マネージャーが初めての1on1で学んだ教訓

仕事

こんにちは。
たーたんです。
私は通所系の障害児事業所にて責任者として働いています。
前の会社でマネジメントに失敗し、スタッフを不幸にさせ、自分も追い込んでしまった
経験があります。

このブログでは、新任マネージャーが陥りそうな落とし穴や私の失敗談、学んだこと
現在進行形で実践していることを書いています。

過去の失敗から学ぶ スタッフとの会話の重要性

私は以前の職場でも管理者のような役職を担っていました。
立ち位置としては、数事業所を管理するという形でした。
今までほとんど現場の経験もマネジメントの経験もなかった私ですが、上長や人事からの
言葉もありその任を引き受けました。
今思うとただの言い訳ですが、当時は別の複数事業のプレーヤーも行っていたこともあり、
「自分の忙しさ」を理由にほとんどスタッフとの会話や面談を行っていませんでした。
他人と話すことに苦手意識をもっていたこともあり、
・業績さえ上がり評価が上がり給与に反映されればいい
・運営は現場がやっていてくれる
・たまに行って様子を見ればいい
・業務命令と言って業務を依頼すればいい
などの考えも浮かび、会話の重要性を全くというほど理解できていませんでした。

また、新事業を上長から依頼され、スタッフも巻き込み動き出した私ですが、
少しずつトラブルも発生してきました・・・。
ただ、自分自身で何とか解決させないといけないと思い込み進めていた時には
すでに遅く、優秀なスタッフの気持ちも気づかず業務を押し付けてしまい退職させて
しまうことになってしまいました。
新しい環境で管理者となったいま、
何か仕事を依頼するときには、ゴールを共有し、管理者がゴールに対するマイルストーンを
設定し、方向性がずれていないか定期的にスタッフと確認しながら進めていくことで
スタッフと組織の成長につながると学ぶことができました。
方向性を確認していくためにも1on1 は有効な手段なのだと今は感じています。

はじめての1on1

過去の失敗もあり、現在の事業所では私が配属になり2ヶ月が経過した時点で1on1 を月1回の頻度で
スタートすることを決めました。
1on1 を始めようと思ったきっかけは人材マネジメントを学ぼうとネットを見ている時に
たまたま記事の中に「1on1」に関する記事があったからです。
しっかりと1人1人のスタッフと向かい合い、スタッフの成長のために始めようと思ったのと
過去の私が上長に1on1をしてもらえていたら嬉しかったと感じたからです。

はじめは、正規雇用のスタッフとの1on1 を実施しました。
最初に実施前に行ったことは2点です。

  1. 目的を伝える→「〇〇さんが今の事業所で働いて良かったと思えるようにしたい。〇〇さんと一緒に成長したい」
  2. 事前に話したいことをスタッフに決めてきてもらう→「業務のこと・職場環境のこと・人間関係のこと・今後のことで話したいことを決めてきて欲しい」

実際の1on1 の場面での流れとしては、

◆日々の感謝を伝える

◆体調を聞く

◆事前に伝えた話題の中で話したいことをスタッフに話してもらう。
という流れで1回目は行いました。
時間は15分を予定していましたが、3名のスタッフと行い3名とも30分以上話を聞いていました(笑)

1on1 をしてみて

実際に、1on1 をしてみて率直に感じたことは

  • 相手の話を聞き尽くすこと(傾聴)の難しさ
    →途中で話を止めてしまったり、自分の思いや考えを言いすぎてしまった
  • 人はそれぞれ違う
    →一見普段通りでも1人1人悩んでいること・感じ方が違うということを知れた
  • 新しい視点を知れて面白い
    →自分には無い利用者の捉え方・職場環境の見え方を学べた

始める前には、自分に行えるのか…と不安でいっぱいでした。
ただ、行ってみると今までよりもよりスタッフ1人1人のことを知ることができ、
スタッフからの話で職場環境も改善していけるとても良いものだと知ることができました。

聴く・コーチング・ティーチングなどまだまだ勉強しなければいけないことは
山ほどありますが、希望の光が見えてきました。

ぜひ、新任マネージャーのみなさんも騙されたと思って1on1 を行ってみてください!!
こんな私でもできるので、ほとんどのマネージャーさんは行えると思います…(笑)
ただ、1on1 は自分の武勇伝を伝える場でもスタッフを指導する場でもありません。
「スタッフのための時間」ということを念頭に置き実践していただくと良いかなと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今日が人生で一番若い日。いろいろ挑戦しながら進んで行きましょ~。

 

アバター画像

1991年生まれ32歳
≪仕事≫
放課後等デイサービス勤務
現在管理者兼児童発達支援管理責任者として働く
中学生のころから保育士になることを夢見る
不安障害で前線離脱歴有
マネジメント失敗歴有
改めてマネジメント勉強中
«自分の特性»
気になることがあると試したい
一人で黙々とやるのが好き
≪プライベート≫
バツイチ
≪趣味≫
広く浅く(時々深く)いろいろチャレンジ
続いているのは、DIY(主に玩具つくり)刃物研ぎ・レザー関係・写真

ta-tanをフォローする
仕事
ta-tanをフォローする
たーたんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました